地元の子供たちによるホタルの放流
河川の生物調査としてカワゲラウォッチング  

建設現場で使用する布団籠に流木炭を入れて、河川に設置しています
毎年6月末に串原の松本地区の集会所で行われるホタル祭りの様子。
地元農産物の販売、コンサートも開かれます。  
 


  ホタルの里      ホタルが舞う川作り


「昔はホタルがいっぱい飛んでいた、鮎がよく釣れた」 こんな言葉を耳にします。

昔のような環境に少しでも近づけるように、矢作窯で生産した流木炭を活用し河川に設置して
水質保全を行っています。そして、地域の住民、地元の小中学生と、ホタルの幼虫、餌となる
カワニナを養殖して、ホタルが舞う里作りに取り組んでいます。それにより、河川清掃作業による
環境整備、河川の生物調査による子供たちの環境教育を図っています。